わたしたちはこんな活動をしています

ユニバーサル園芸//花や野菜を育てる“園芸”を通じたコミュニケーション活動により、障害の有無や年齢性別に関係なく生活の質の向上を目指した活動をしています。

園芸活動を通じて得られるさまざまな効用(心身のリハビリテーションや心の癒し効果、コミュニケーション促進、共同作業による社会参加促進)を利用して、障害のある方ばかりでなく心身の健康や機能回復、心のゆとりや豊かさなど生活の質の向上を実現しようとするものです。
静岡県では、ユニバーサルデザインの先進県を目指していることから、園芸福祉を表す親しみやすい名称として「ユニバーサル園芸」という名称を採用しています。

ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、身体、国籍など、人々が持つ様々な特性や違いを超えて、すべての人に配慮したまちづくりや、ものづくりを行うという考え方です。